花粉や体調不良について

花粉や体調不良について記事一覧

くしゃみまたは鼻水を止めるには効果的

花粉症患者さん対象の薬等々に混ぜられている抗ヒスタミン成分は、くしゃみまたは鼻水を止めるには効果的ですが、睡魔との戦いになるので気を付けて下さい。この通り、薬には副作用というものが必ず出ます。ALSに関しましては、筋萎縮性側索硬化症を指し示します。そうなる理由は未だ謎ですが、罹患した年齢から逆算する...

≫続きを読む

 

各自が使って来た薬を全部管理

「おくすり手帳」に関しては、各自が使って来た薬を全部管理するために用意した「手帳」となります。医療用医薬品以外に、今なお服用している一般用医薬品の種類と、その使用期間などを記載するのです。ALSにつきましては、筋萎縮性側索硬化症の略です。どうして罹ってしまうのかは明らかにはなっていませんが、罹患した...

≫続きを読む

 

筋萎縮性側索硬化症のことを

ALSにつきましては、筋萎縮性側索硬化症のことを示します。そうなる要因はわかっていないようですが、発症する年齢から逆算すると、神経を司る組織の老化が関与している確率が高いと言われています。スポーツを行なうことで、かなりの汗をかいたといった状況では、瞬間的に尿酸値が上昇するのが通例です。その事から水分...

≫続きを読む

 

直ぐにコップ1杯程度の水分を

心筋梗塞は早い時間帯に見られることが多々あるので、目覚めましたら、直ぐにコップ1杯程度の水分を取り入れることを自己ルールにして、「寝ている時間に濃度が上昇している血液を薄くする」ことが大事になると考えられます。睡眠障害と言いますと、睡眠に関連する疾病全体を幅広く示す文言で、夜中の睡眠が妨げられるもの...

≫続きを読む

 

緩やかにしたりすることが叶う

昨今は医療技術も進歩して、とにかく早く治療に取り組むようにすれば、腎臓の反応の低下をストップさせたり、緩やかにしたりすることが叶うようになったのです。ハードな運動を行った翌日に、筋肉に痛みが現れる現象が、筋肉痛になるのです。どうかすると、運動は当たり前として、歩行することさえ拒否したいほどの痛みが現...

≫続きを読む

 

相変わらず快方に向かわない人

今日では医学も進歩して、様々な病気についても、研究が行われています。ところが、相変わらず快方に向かわない人があまたいますし、治療することが不可能な病気が結構存在するというのも事実なのです。人間というのは、体温が下がってしまうと新しい細胞の生成活動に支障をきたし、ウイルスと戦う免疫力が下がってしまいま...

≫続きを読む

 

からだを動かす習慣もなく?

からだを動かす習慣もなく。甲状腺に関連した疾病は、男女の罹患率が全く違うという特徴があり、女性から見れば、バセドウ病などは男性の5倍にも上るとされています。であるため、甲状腺眼症という病気も女の人が気を付ける対象に入れて欲しい疾病だと考えられます。糖尿病と言えば、インスリン生成が期待できない「1型糖...

≫続きを読む

 

感染するのが簡単になるのは勿論の事

ウイルスの立場からすれば、冬は一番活躍できる時です。感染するのが簡単になるのは勿論の事、空気中の湿度が下がると、ウイルスにあった水分までもがなくなって比重が低減することになりますから、空気中に浮遊することも容易になり、感染しやすい環境となるわけです。各々に合致した薬を、受診した医者が必要なだけの量と...

≫続きを読む

 

脂質異常症とか糖尿病など

女性ホルモンというと、骨密度を維持しようとする働きがあり、女性ホルモンの分泌が乏しくなり始める40〜50代に骨粗しょう症になる方が目立つと考えられています。脂質異常症とか糖尿病など、問題視されている「生活習慣病」は、うら若きときから精一杯に予防していても、残念ながら加齢が災いして発症してしまう例だっ...

≫続きを読む

 

眠っている最中に頻繁に咳が出る

何ら変わりのない咳であったとしても、眠っている最中に頻繁に咳が出る人、運動をし終わった後に突如咳に見舞われる人、冬場に戸外に出ると咳き込んでしまって大変だという方は、深刻な病気に陥っているかもしれません。低血圧に陥ると、脚であるとか手指などの末梢部分の一部である血管の収縮力がレベルダウンして、血液循...

≫続きを読む

 

摂り込む薬が本質的に

特定保健用食品(トクホ)は当然の事、豊富にあるサプリや健康食品は、何もかも「食品」の範疇に入れられており、姿・形は一緒だとしても薬と言うことはできません。摂り込む薬が本質的に擁している個性や、患者さんのその時々の体調次第で、規定に沿って摂取しても副作用が現れることも多々あります。その上、想定できない...

≫続きを読む